コラム

2023年中国ダブル11商戦レポート

SHARE

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

2023年、第15回目となるダブル11商戦が過去最高の売上総額を記録しました。総売上は9,235億元に達し、各プラットフォームの順位は天猫がトップ、京東が2位、拼多多が3位となりました。

ライブコマースプラットフォームも好調で、W11期間中の累計売上は2,151億元に達し、抖音がトップを維持しました。一方、ニューリテールECの売上は236億元で、美团閃購がリードし、京東到家と饿了么がそれぞれ2位、3位に位置しています。

天猫では、ユーザー数とブランド数の増加により、注文量と取引総額も全面的に伸びました。402のブランドが10億元以上の売り上げを記録し、そのうち60%の243ブランドが国内ブランドでした。

京東のデータによると、今年の「W11」での取引額、注文数、ユーザー数はいずれも過去最高に達しました。10億元以上の取引を記録したブランドは60以上あり、約20,000のブランドの取引額は前年比3倍以上に増加しました。

今年のダブル11の新たな消費トレンドに関する詳細は、添付の動画でご覧ください。

     

中国でモノやサービスを広めたいが手が回らないと
お悩みの方、
まずはお気軽にご相談ください。