ケーススタディ

年間PRリテナー活動

背景と概要

中国でも知名度の高い時計ブランド「A」。しかし、製造元の企業名や同社の他ブランドの認知度は、中国国内においては高くないことから、中国の生活や年間のタイムラインに従ったPR施策を継続的に行っていくことで、継続的かつ効果的なメディア露出を通じて、ブランド「A」だけでなく、企業全体の認知度向上及びブランディングを図った。

実施内容

◇各ブランドのPRメッセージのプランニング

「A」を主軸にその他のブランドの認知度向上のため、各ブランドの違いや世界観を明確に伝えるPRメッセージを提案・策定。

◇情報発信量の増加

ベクトルにて担当する前は年間25件程のプレスリリースの配信を行っていたところ、年間60件(毎月5本程度)まで引き上げることで中国国内での情報流通量を増やした。新製品ニュースだけではなく、時計が使われやすいオケージョンである、入学式や卒業式、冠婚葬祭などの特別行事に合わせて、プレスリリースやニュースレターを配信できるよう、コンテンツのプランニングを実施。
 また、ブランドごとに、それぞれのPRメッセージをプレスリリースを通じて発信していくことで、さらなる印象付けに貢献。

◇メディアとの接触機会増加

通常のプレスリリースに加え、動画プレスリリースの制作やオフラインでのメディアイベント、展示会への出展の実施を通じて、メディアと継続的に交流する場を創出。メディアの招致・イベントの企画運営・メディア露出まで一貫して担当し、ブランドに対するメディアの理解深化をサポート。

◇定例会の実施

毎月ブランド「A」ご担当者様との定例会を実施するとともに、活動報告書を作成することで、PR施策の結果分析及びPDCAを回すことのできる体制を構築。

結果

  • 年間60件ものニュースリリースを配信
  • 50媒体以上をオフラインイベントへ招致
  • 合計2,880件の媒体露出(広告換算値 約8億円)を達成。

担当者コメント

場当たり的なニュースプレスリリースを数を打つだけでは消費者の心に響かない。そのため、中国年間行事と連動した情報配信を重ねることで、中国人消費者のオケージョンに合わせて想起されやすいブランドイメージを形成することに成功した。

     

中国でモノやサービスを広めたいが手が回らないと
お悩みの方、
まずはお気軽にご相談ください。